ラジコン

2014年12月16日 (火)

micro-T パーツ取り寄せ

Microt01
LOSI micro-Tを破損したので、交換パーツをamazonで買ったのですが…

Microt02
ああ緩衝材ね…

Microt03
へ???

Microt04
あ~びっくりした。
更に段ボール板の下にありました。

Microt05
品物そのものはこれだけなんですよね。
散々言われてますがこれぞamazon梱包。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

WF2013冬 終了

11
ワンフェスに参加のみなさん、お疲れ様でした。
こんな感じで展示していたのですが、フィギュアの写真を撮ろうとするとバギーのフレームが邪魔になるみたいで(私も出来上がってから気がつきました)、みなさん撮影には苦労してらした様子。
あと、30年前のモーター「LE MANS 600E」に突っ込んでくれた方がいたのが嬉しかったり。

さて次回もこの路線で行くべきか…
ちょっとだけ「GJ部」の部長にも惹かれてるんですよね。
(次回WFのころにはとっくに放映が終わってるのがつらいところ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

できた!

07
「1/10 RC用 ヒャッハードライバー」完成しました。

08
ワンフェスのブースは「7-23-02」です。

09
取り急ぎ撮ったところ、薄暗かったので画質が良くありません。

10
とりあえずアタックバギーに乗せてみましたが、これでもかなり加工が必要です。
デューンバギーなんかだと、下半身はほとんどカットしないと乗らないような?
(あとフロントガラスを取っ払うか、腕の角度を変えないといけませんね)

しかし復刻直後に買ったこのアタックバギー、やっぱ銀色のほうが世紀末っぽいよな~とか思って一所懸命銀に塗装していたところ、突然「シャークマウス」とかいう銀色成型バージョンが出たりして…ショック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

WF2013冬 出品物

夏に作れなかった物がようやく完成しました。
「1/10RC用 ヒャッハードライバー」です。

01
北斗の拳やマッドマックスはもちろん、"WASTELAND WEEKEND"での画像検索も参考にして製作。
…の割には地味な出来ですが。

02
ホディアーマーや膝パット、ボーガンなど、任意で付けるオプションパーツも付属。
しかし出来上がってから気がついたんですが、膝だのブーツだのって、実際にRCに搭載したらまず見えないんじゃ…
(と言うか、カットしないと載らない?)

03
トマホークも作ってみました。が…
実物を参考にしたため、小さくて迫力がぜんぜん無し。

040506
顔にもゴーグルとマスクが付けられます。
現在鋭意複製中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

全日本模型ホビーショー

Photo
去年に引き続き「第51回全日本模型ホビーショー」に行ってきました。
割引チケットを印刷して持って行けば入場料\300引きになるんですが、当然ほとんどの人はそれ使いますよね。
今の時代エコ的にどうなのよ?と思ったり。

12
個人的目玉がこの京商・ミニッツバギーのオプティマでした。
触れるディスプレイモデルがあったのでサスをふにふにしてみましたが、しなやかで結構良さげでした。

Zx5
ボディとタイヤ違いのZX-5。
オプティマのスパイクはあっというまにすり減りそうなので、走らせるならこっち?

34
んでもってこれがホンマモンのオプティマ。
カッコいいですよねぇホント。

Rf1Rf2
ヨコモ・RFコンセプト。
"SD-12TV"のリヤ駆動周りを取っ払い、リヤモーターフロント駆動にしたという奇妙なマシン。
ボディも何と言うかへんてこりんな形ですねぇ。
説明書見たら本当にギヤケースそのままでリヤデフ抜いただけでした。
デフとドラシャ入れれば即4WDに。(と言うかSD-12TVに戻るんですが)

CrxPhoto_2Photo_3
今回タミヤはあまり見るものが無かったような…バラスポCR-Xは既にABCで出てますし、マッドブラスターIIに至ってはブラックフットシャーシにスバルブラットのポリカボディを載せただけですし…

Photo
35周年スペシャルキットだそうで。
モザイクかかってますが、ピントが合う前のデジカメの画面見たらびっくり。どう見てもホットショットとアバンテでした。(左のツーリングはよく分かりませんでした。)
これが世に言うモザイク除去機という奴か!(違う…のか?)

123
各社揃って1/12への回帰が始まっている?
レーシングマスターのトムスが復活です。

2_2
再び京商に戻って、こっちも1/12の"プラズマRa"。
ぱっと見は昔の3Pサスマシンですが、フロントがダブルウイッシュボーンになる等、あらゆる面で進化して復活です。
1_2
隣に展示されていた当時物のプラズマ。実にシンプルな構成。
ついでに"ファントム"の復活も…無理かな。

Photo_2
京商が提唱する1/43スロット。

18mz
フタバは18MZを大プッシュ。

1_32_3
RCを離れて、これは昨日発売のプラレールアドバンス。
展示が「急遽」といった感じなのは、あくまで出展が「トミーテック」であって「タカラトミー」ではないせいか。
ちょっとだけ話を伺ったところ、やはり「坂を登れない」という弱点は社内で問題になっているそうです。

1_4
ハセガワ・1/350氷川丸。
親戚の家が横浜で、しょっちゅう見に行っていたのでけっこう思い入れがあります。

2_4
別売りエッチングパーツを付けた作例。
手すりなどが見えるでしょうか。

3_24
65
エッチングパーツを付ける前と後。
これは軽く死ねます。というか私には絶対無理…

Photo_3
お土産と言うか、何となく京商ブースで買ったダンパースタンド。
今まではスプレーのふたに穴を開けた物を使っていましたが、先日1本抜くときにひっかけて全部倒すという大惨事を起こしてしまったので、この際ちゃんとした物にしようかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

UNIMOG!

01
とうとうCR-01がやってきました。
3種ある中からウニモグをチョイス。
ラングラーはたぶんもう入手不可でしょう。

02
とにかくネジの量に圧倒されます。タッピングビスを使う場面がありません。
ホーシング部分とか分解メンテする時のことを考えるとめまいがします。

03
ESCはヴォラッククローラー、モーターはトランスピードブラシレス21.5Tを奢ります。
両方とも何かのOEMっぽいですが、いちおうタミヤ純正ってことで。
しかし初ブラシレスがこれか…。

04
今回はちょいスケールクローラー寄りにしようと思い、まず裏側からオレンジを塗装しました。
この後黒を吹き、ボディ色は表側から塗ります。
こうすることで、転倒してボディが傷付いた時、サビ止め塗料という設定のオレンジが見えてくるんじゃないかと。

0506
まる3日かけて完成。あっというまにできたパンプキンとはえらい違いです。
2.4GHzなので、アンテナは荷台の下に立っています。

07
ベントロアアームを組んでみましたが…気休めにしかなりませんなこりゃ。

08
サーボは中華製激安MG995を使用。

09
ターンバックルも入れましたが、回す部分がここじゃ、サーボガードが邪魔で外から回すのは不可能っぽいです。トホホ。

10
4WS仕様。
F部品をもう一個買って、リヤ側にもサーボガード&バンパーを付けました。
しかし22mmネジが3本足りない!

11
スクエアのこれで電飾。
しかしこれ、クローラーにはちょっと相性が悪いですね。
というのも、普通のESCは前進→後退の操作でブレーキがかかり、一旦ニュートラルにして再度後退にすることで初めてバックしますが、クローラー用のESCはニュートラルにした瞬間ドラッグブレーキがかかり、後退にすると即バックするのです。
つまりクローラーに使うと、坂で踏ん張って止まっているのにブレーキランプが点かないという…

12
中身はコントローラのほか、5φ白×2セット、5φ赤×1セット、3φ黄が2セットのLEDが付属。
ヘッドランプ・ブレーキ・ウインカー・バックならこれで十分。

1314
ヘッドとテールの点灯状態。

15
フロント側にはウインカーを付ける所が無いので、ここをクリアイエローで塗装して付けました。
内側には以前エクスクローリーに付けたブロンコボディの付属品のうち、使わなかったリヤのウインカー部分を使っています。

16
ネジ類はこれだけ余りました。ボディピンと0.3mmシムは間違って入れすぎ?
結局4WS化するのに必要なのはハイトルクサーボセイバーのみで、リヤ側にもバンパーを付けると22mmネジが3本不足ということになります。
まぁ余分に入っているネジの本数は皆同じとは限らないので、このとおりにはならないかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

デッドストックバッテリー

近所のホビーオフでこんな物を買ってきました。
Photo
いつの物かわからないイーグル模型のRC3000Ni-MHバッテリー。
未開封とはいえパッケージを留めているホチキスの針が錆びてグズグズに腐ってます。
さてこれが使い物になるか?
言われるまでもなく自己責任。2000mAh以上出れば御の字か…

Photo_2
2日かけて放電→充電を3回ほど行ったところこうなりました。2000は超えたもののやっぱりこんなもんですか。
もう何回か繰り返せば3000近くまで持っていけるかな…

Photo_3
こんなのもありました。何の変哲もないホイール。
100円なら消耗品と割り切って使いつぶせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

第50回 静岡ホビーショー

今年も静岡ホビーショーに行ってきました。

500150025003
ABCホビーの注目はなんといっても新シャーシの“ガンベイド”そしてCITYボディ。
これだけのためにMシャーシが欲しくなります。

5004
ヨコモは毎度おなじみ、ドリパケのデモラン。
このパイロンの隙間を自在に抜けていくのはすごい。(時々接触してましたが)

50055006
TRAXXASはMONSTER JAMシリーズを参考出品。

5007
京商ブースにはこんなものが。
最近各方面ではやらせようとしてるみたいですが、ネックはやっぱりコースを置くスペースでしょうね。

5008
驚異の18チャンネルプロポ、フタバ18MZ。
こんなのをトレーラーやクローラーに載せてみたいものです。

5009
そしてタミヤブース。ホリデーバギーレッドバージョン。
塗装ができないという欠点に対する苦肉の策でしょうか。
“ライジングファイター”は青成型ながら塗装もできたのに。

5010
スーパーファイターGR。プラボディだったとは始めて知りました。

5011
バギーチャンプ・シルバーエディション。ゴールドよりはこっちのほうがいいかな。
走らせるのがもったいないけど。

5012
再販を望んでいた人も多かったアタックバギーが満を持して復刻。

50135014
何と迷彩はステッカー化されました。車体だけなら無塗装でいけます。
さすがにドライバー人形は塗装しないといけませんが。

5015
スタジアムブリッツァー。ええい、噂のTS-201SCはまだか!

501650175018
M-06と久々のM用新作ボディ、初代RX-7。

5019
こっちはM-05。RCは以上。
TA06は人だかりが多くて写真撮れませんでした。まぁRC誌に散々載ってるからいいか。

5020
童友社から再販されるダグラムのプラモです。
スケールが1/144とか1/200なので小さいこと小さいこと。

50215022
自衛隊展示はやはり災害派遣が中心。

5023
寄せ書きがありました。早い時間だったのでまだ書き込みが少なめ。
明日(15日)は一杯になっているでしょうか。

502450255026
車両展示はこの1台のみ。
バイクもあったんですが、なぜか途中で引っ込められちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

X-Crawlee in かわせみ河原

今日も今日とてエクスクローリーをひっさげて遠征です。

Xcrawlee35s
んなわけでやってきました玉淀大橋。
狙うはこの下の岩場です。

Xcrawlee36s
久しぶりにノーマルボディ+ノーマルタイヤでアタック!

Xcrawlee37sXcrawlee38s
まさに本来の活躍の場を与えられて縦横無尽!
ここは砂もけっこうあるので、タイヤにこびりつくとグリップを失いがち。
そんなときはわざとタイヤを空転させ、岩肌で砂をこそぎ落として登ったり。

Xcrawlee39s
バッテリー2本目と同時にブロンコにチェンジ!
場所によってはクリフクローラーよりノーマルタイヤのほうが登れたりしました。
タイヤの幅による面圧効果の違いか?

Xcrawlee40s
いや~堪能しました。バッテリー1本で1時間ずつ、計2時間といったところです。
しかしここ、橋の影になるところには意外と岩が無いのです。
つーことはずっと日なたにいなきゃならないわけで、夏はつらいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

X-Crawlee in 葛西臨海公園

Xcrawlee27s
エクスクローリーを更にモディファイ。今度はタミヤのブロンコボディです。
スター&ファイヤーステッカーでデコレーションしてみました。

Xcrawlee28s
ABCホビーの延長ボディマウントを建て増しして…

Xcrawlee29s
こんなんなりました。

Xcrawlee30s
真横から見るとこう。
ブロンコボディ+クリフクローラータイヤって、CR-01ブロンコ純正の組み合わせですね。
ここまでやるなら素直にCR-01買えよ、ってことになるんでしょうが、まぁそのうちに…

Xcrawlee31s
葛西臨海公園まで出かけて、岩場でアタック!

Xcrawlee32s
ここは岩と岩との隙間が大きくて、タイヤがそこにはまるとつらいです。

Xcrawlee33s
なんかもうすごいことになってます。
違うタイヤなら登れるんじゃ…とか、サーボのトルクがもっとあれば…とか妄想は尽きません。

Xcrawlee34s
とはいえ、こんな角度でも平気で登っていきます。トイラジとはいえホント侮れません。
ほとんど横転状態の絶望的な状況から復帰できたりすると、おお!とちょっと感動してしまったりして。


デジカメで初めて動画を撮ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)