携帯・デジカメ

2013年11月17日 (日)

デジカメ機種変!

富士フィルムのFinePix F200EXRを使ってきたのですが、「フィギュアを撮ろうとする距離に限ってピントが合わない」「背景の布のほうにピントが合ってしまう」といった使いづらさに悩まされ、ついに機種変しました。

Wg3_01
選んだのはそのフォルムに惚れたPENTAX WG-3。GPS無しモデルです。
何と言っても1cmの接写ができるというのが大きい。
WG-10も同様に1cmまで接写できるのですが、手ぶれ補正が電子式ではなくセンサーシフト式ということでこちらにしました。

Wg3_02
内部メカが詰まっているせいか、三脚取り付け穴がこんな端にあるので、

Wg3_03
実際に三脚に載せるとこんなになっちゃいます。

Wg3_04
ケースはMOLESKINE(モレスキン)のシェルケース。
有楽町のLoftで見かけて「これだ!」と思い購入。カラーリングがまさにWG-3のオレンジモデル向けじゃないですか!
(純正ケースも出ているのですが、GPS付きのパープルモデルしか考えてないようなカラーリングなので…)

Imgp0004
とりあえず家の周りに生えてる野イチゴ?を撮ってみました。
ズーム無しで1cmまで近づけて撮るとこんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

DiMAGE X1 修理

1

ソ○マップの店員に「本当にそれ買うんですか?」みたいなことを言われながら購入した我が愛機、今は亡きKONICA MINOLTAのDiMAGE X1。

ピントがなかなか合わない、それどころか途中でピント合わせるのをあきらめちゃうコイツに、「こりゃ"DAMAGE"とか言われてネット上の評判が悪いのも当然だわな…」と思いながら使い倒してきて早2年。とうとう故障してしまいました。
レンズのカバー(レンズバリアと言うそうです)が動かなくなってしまったのです。

とりあえず修理見積もりに出し、\15,000超えるならCOOLPIX S51cあたりに買い換えるかな…と思っていたら、\10,000という微妙な額だったので、結局修理しました。またしばらくはコイツに働いてもらいます。

当時、1)手ぶれ補正付き 2)ズームでレンズが飛び出さない、という条件を満たすコンデジはこれだけで、「これしかない!」って感じで買ったので思い入れもあるんですよね。

にしても私のデジカメ暦、FinePix PR21→DiMAGE X1とキワモノが続いてますが、次があるとしたらいったい…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)