« WF2020冬 | トップページ

2020年6月14日 (日)

たまごガールズ 舞雪サラ

ハセガワ たまごガールズコレクション 舞雪(まゆき)サラを作ります。

01_20200614195001

以前、“たまごひこーき”とのセットでブルマ姿のやつに一瞬手を伸ばしかけたのですが、1/20じゃなぁ…と思ってやめていました。

そしたらいつのまにかひこーきが付かない1/12の単体フィギュアとなっていたので、これなら作れるだろうと購入。

 

内容物。ランナー?2枚とデカール、説明書です。

02_20200614195501 

デカールはレオタードの肩と腰のところの模様、眉まで含んだ瞳(正面、横向き)、ほっぺたのテカリで、すべて2セット付いています。

失敗しても1回までならやり直し可。

 

パーツのみ抽出。

材質はスチロール樹脂ではなく、一般的なガレキと同じレジンと思われます。

03_20200614200001

 

胴体と腕。バリんバリんですな。

まぁこれぐらいなら簡単に削り落とせます。

04_20200614200201

 

脚と頭。湯口がかなり大きくて複雑。

特に髪の部分にがっつり湯口があるので、周りの髪を参考に、同じような形になるよう削りこんでいく必要があります。

05_20200614200401

このへんはまだいいのですが…

 

胴体のパーティングライン。けっこうな段差が。

縫い目のスジ彫りも太すぎ。

07 08

 

ピッチピチのレオタード。

いくらなんでもここまで張り付かないだろう…と思う背筋とお尻のワレメ。

09

 

問題はこのボール。

写真では良く分からないと思いますが、ちゃんとした球じゃないんですよこれ…

06

 

前髪が開きすぎていたので、1回煮て修正。

10 11

あと、若干削ってシャープにしています。

 

あとは普通に段差消しなどの工程を経て塗装完了。

12

 

そして完成!

13

 

ぐるりと1周。

14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

 

顔のアップ。ほっぺたのテカリを表現するデカールは使っていません。

24

 

瞳は横向きを選びました。

眉とその下のくぼみ?の部分は使わず、塗装にしています。

特に眉は髪と同じで青にしたかったので。

25

パッケ絵だともっとジト目っぽいんですけどね。

 

髪はマスキングできそうになかったので、今回水性アクリル「ウォーペイント」を使用。

これはなかなか新感覚というか、こういった場面では非常に使いやすいです。絵の具感覚で塗れると言いますか。

26

この辺りの仕上がり具合はまさにウォーゲームミニチュアな感じ。

こうなってくるとやりもしないのにウォーハンマーとか欲しくなってきます。

しかしこれ「ファレホ」と間違えて買って来ちゃったんですよ。扱ってるとこ少ないんですよねぇ…。

中身は同じようなものなんでしょうけど…。

 

この写真だけビッグサイズで。

27

 

実は、レオタードの模様はデカールを使わずに結局手で描きました。

マークソフターをもってしても、私の腕ではこの曲面にうまく貼ることができなかったので…

28 29

1.まずはラッカーで地の白を吹く。

2.ラッカーの艶ありクリヤーでコート。

3.エナメルの黄で模様を描く。(結構適当)

4.フィニッシュマスターで模様の形を整える。

5.再度ラッカーの艶ありクリヤーでコート。

6.エナメルの青で一回り小さい模様を描く。(これまた結構適当)

7.4.と同じようにフィニッシュマスターで模様の形を整える。

8.またまたラッカーの艶ありクリヤーでコート。

9.レオタードの縫い目などのスミ入れ。

10.ラッカーの艶消しクリヤーで艶を調整。

なんか5.と8.がご法度のような気がしますが、今のところひび割れなどは起きていません。

よほど厚塗りしなければ大丈夫ではないかと。

 

レオタードは長袖に改造しています。(長袖のほうが好みだったりして)

と言っても肩と袖のところを若干削っただけです。元々ほっそい手首が更に細くなってしまいました。

また、レオタードの張り付きというか食い込みは、パテで埋めてマイルドにしています。

30

 

 

例の丸くなかったボールは丸ビーズに置き換え。クリヤーをこれでもかと吹いてテッカテカにしてます。

テグスを通す穴は手でうまいこと隠れるように。

31

 

セリアのディスプレイケース円柱型がぴったり。

32

 

しっかしこれ「普通のプラモ」だと思って買った人はとんでもない目に遭うような…

とにかくパーツ同士の合いが悪く、そこかしこで隙間ができます。(自分の作ったガレキを省みると人のことは言えませんが)

パテで修正することもできなくはないものの、それだとサフレス塗装を捨てることになるし…

ダボもダボとしてまったく機能しておらず、特に胴体と脚は両方凹という意味不明さ。

接着面の隙間も大きいため、瞬間接着剤では届かず、エポキシをてんこもりにして固まるまで押さえたまま待っていました。

レオタードのデカールも、体の曲面だけならともかくシワなんかの上にもまたがって貼らなければならず、更に前記の「深い縫い目のスジ彫り」があるので、これを貼るのは激ムズ。

それを乗り越えて完成までこぎつけられたのは、とにもかくにも「レオタード姿の女の子のフィギュアだー!」という情熱があったからでして。

1/12のこれでヒーコラ言ってるようじゃ、ひこーき付きの1/20なんて私には到底無理…

|

« WF2020冬 | トップページ

ガレージキット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WF2020冬 | トップページ