« 砲雷撃戦!よーい!8 ~北洋館編~ | トップページ | SCOOVO X9 本番出力(簡単なもの) »

2014年4月13日 (日)

SCOOVO X9 テスト出力

感覚をつかむため、まずはサンプルデータのbed_test.stlを出力してみます。
X9_07
ノズルとベッドの間隔を、コピー用紙を挟んでネジを回して調整するというアナログなところがなんとも…
いずれはそのへんも全自動になるんでしょうが、現時点ではまだまだ発展途上の製品ですね。

X9_08
左の黒いのが出荷時にベッドに張り付いていたテストピース、青いのが最初に出力したものです。
ご覧のとおり見事に失敗。一部がベッドから浮き上がって成型されています。

X9_09
中央の三角形の物体はこのありさま。こりゃひどい。

理由はいくつかありまして、まずノズルの間隔調整が甘かった(4隅を順に合わせた後だと、最初に合わせたところが微妙に狂うので再調整が必要だった)ようですね。
あと、出力時にはまずヘッドが外周の成型と関係ない部分を一周し、フィラメントの押し出しが安定してから本番の出力にかかるという仕様なのですが、これが曲者でした。
「関係ない部分を一周」してからまさに「本番の出力」にかかろうとヘッドが移動するとき、フィラメントの「ダマ」を落としていくことがあるのです。
後で本番出力中のノズルがその上を通るとそのダマにひっかかり、プリントがうまくいかなかったり「出力途中のはがれ」に繋がったりするようです。

X9_10
何回かトライ&エラーを繰り返し、ようやく成功!

X9_11
三角形もバッチリ。

私が採った対策は
・初っ端の関係ない出力中に落としていくフィラメントを速攻取り除く
・ベッドの温度を高め(90度)にする ←これは正しいかどうか分かりません。狙いとしては、フィラメントをよりベッドに密着させられるんじゃないか、と考えたうえの調整です。

あと困ったのが、Scoovo Studioが勝手に温度設定を変てしまうこと。
PLAだからずっと指定の220度固定にしておきたいのに、気が付くと210度とか200度とかにされているんです。
気が付き次第設定しなおして対処していますが、出力中プリンタの前に張り付きっぱなしってのはいやだなあ…

|

« 砲雷撃戦!よーい!8 ~北洋館編~ | トップページ | SCOOVO X9 本番出力(簡単なもの) »

ガレージキット」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

温度の設定はGコードを編集すると良いですよ。
例として、
M104 S210 が温度設定210℃で、
M109 S210 が温度が210℃になるまで待つ
という設定なので、先頭の方に記述がある筈です。
多分最初のレイヤと次のレイヤの造形の開始時に設定しているので、
それ以降には出現しないと思いますが、検索等で探してみて下さい。
編集操作はアドバンス設定側で出来ますが、普通のテキスト編集ソフトでも出来ますよ。

では、よしなに。

投稿: hkora11 | 2014年4月14日 (月) 13時58分

はじめまして。貴重な情報ありがとうございます。
アドバンス設定のほうはまだ触っていなかったので、早速試してみます。
これを使いこなすためには、気長にやっていく必要がありそうです。

投稿: BALSAN | 2014年4月15日 (火) 20時58分

ちょっと情報が足りなかったようです。
当方のサイトを見てもらえば分りますが、
『かんたん設定』と『アドバンス設定』は簡単(シームレス)に切り替えが出来るので、
かんたん設定で生成したものは、アドバンス設定に切り替えて見ることが出来ます。
その中で、Gコード編集があると思うので、試してみて下さい。

言葉足らずで、申し訳ありませんでした。

では、よしなに。

投稿: hkora11 | 2014年4月15日 (火) 21時35分

はじめまして。

私も最近X9を導入して悪戦苦闘しております。いろいろ情報交換できるとうれしいです。

「かんたん設定」ですが、SCOOVOのインストールフォルダにパラメータの記述があります。
C:\SCOOVO\DATA\SCOOVO\X9\PLA(orABS) に**.iniというファイルです。

内容はアドバンス設定と同じですので、これを参考に、アドバンス設定の温度や速度設定を
するとよさそうです。

私の場合、鋭利(ペラペラな厚さ)な形状部で、レイヤに書き込んだ樹脂が「めくれる」という
現象に悩まされ、速度を落とすことと温度を少し上げることで改善しました。
ただし、単純に温度を上げると今度は糸引き現象が起きて、これは、リトラクションレングス
(線材の引き戻し)を10くらい、その速度を130くらいにして、糸引きをなくすことができました。

まだ、緩い傾斜の裏面(サポートがつくとなおさら)の仕上がりがひどく、これからの課題です。

どうぞ、宜しくお願い致します。

投稿: gaku | 2014年4月22日 (火) 21時54分

追記です。

空白の移動スピード(TRAVEL SPEED)も落としました。
わずかなひっかかりでステップモーターが脱調し、位置ずれを起こすし、
音的に共振点ぽいのでうるさかったのでww

失敗するより、まずは確実に造形してほしい・・ってとこから初めてます。

投稿: GAKU | 2014年4月22日 (火) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SCOOVO X9 テスト出力:

« 砲雷撃戦!よーい!8 ~北洋館編~ | トップページ | SCOOVO X9 本番出力(簡単なもの) »