« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月20日 (日)

SCOOVO X9 本番出力(簡単なもの)

テストデータばかり出力していてもつまらないので、簡単なものを作って調整がてら出力してみます。
Tag05blender
これは猫のぬいぐるみの首に付ける「タグ」です。
大きさは約1.5cm×3cm。

Tag05
netfabb-Basicにデータを渡してチェック。
こんな簡単な形でもエラーが出ました。

Tag01
出力成功!

Tag02
アップで見たところ。
若干エッジが荒れているところがありますが、歪んでいるのではなくはみ出たり出っ張っていたりなので、ヤスリで削れば問題ないレベルです。

今回の個人的な設定&感想は

 ・ノズルとベッドの間隔は、コピー用紙を引っ張ったとき「ズルズル」ではなく「ガリガリ」するくらいまで狭くする。
 ・1回出力するたびに面倒でも間隔調整とベッドのアルコール拭きをする。
 ・ラフトはいらない。接地面積を小さくして剥がれの原因になるだけ。
 ・その代わりブリムは絶対必要。
 ・ベッドの温度は最初100度に設定。その後出力中に勝手に下げられるのでそれは放置。
 ・Gコードエディタで「perimeter speed」を30から20にし、ヘッドの移動速度を落とす。

と、こんなところです。


しかし!とても困っていることがひとつ。
なぜか出力中に「ホットエンド加熱ボタン」が勝手にOFFにされてしまうことがあるのです。
Gコード中にはそんなコマンドはありませんから、SCOOVO Studioが勝手な操作をしているのだと思います。

こうなるとそこでフィラメントの湧出は止まりますから、当然出力失敗。
常に画面から目を離さず、OFFにされたらすかさずONにし直せば回避できますが…
Tag03
気が付かないでいるとこうなります。

今はまだ10~20分程度で終わる小さいブツだからなんとかなっていますが、これが何時間もかかるような物だととてもじゃないがやってられません。
もう少し様子を見て、確実に再現するようならサポート問い合わせしかありませんね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

SCOOVO X9 テスト出力

感覚をつかむため、まずはサンプルデータのbed_test.stlを出力してみます。
X9_07
ノズルとベッドの間隔を、コピー用紙を挟んでネジを回して調整するというアナログなところがなんとも…
いずれはそのへんも全自動になるんでしょうが、現時点ではまだまだ発展途上の製品ですね。

X9_08
左の黒いのが出荷時にベッドに張り付いていたテストピース、青いのが最初に出力したものです。
ご覧のとおり見事に失敗。一部がベッドから浮き上がって成型されています。

X9_09
中央の三角形の物体はこのありさま。こりゃひどい。

理由はいくつかありまして、まずノズルの間隔調整が甘かった(4隅を順に合わせた後だと、最初に合わせたところが微妙に狂うので再調整が必要だった)ようですね。
あと、出力時にはまずヘッドが外周の成型と関係ない部分を一周し、フィラメントの押し出しが安定してから本番の出力にかかるという仕様なのですが、これが曲者でした。
「関係ない部分を一周」してからまさに「本番の出力」にかかろうとヘッドが移動するとき、フィラメントの「ダマ」を落としていくことがあるのです。
後で本番出力中のノズルがその上を通るとそのダマにひっかかり、プリントがうまくいかなかったり「出力途中のはがれ」に繋がったりするようです。

X9_10
何回かトライ&エラーを繰り返し、ようやく成功!

X9_11
三角形もバッチリ。

私が採った対策は
・初っ端の関係ない出力中に落としていくフィラメントを速攻取り除く
・ベッドの温度を高め(90度)にする ←これは正しいかどうか分かりません。狙いとしては、フィラメントをよりベッドに密着させられるんじゃないか、と考えたうえの調整です。

あと困ったのが、Scoovo Studioが勝手に温度設定を変てしまうこと。
PLAだからずっと指定の220度固定にしておきたいのに、気が付くと210度とか200度とかにされているんです。
気が付き次第設定しなおして対処していますが、出力中プリンタの前に張り付きっぱなしってのはいやだなあ…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

砲雷撃戦!よーい!8 ~北洋館編~

01_204_2
最後に資料館である「北洋館」について。

02_203_2
05_210_211_2
展示室はこんな感じ。
海軍発足から現代までの資料が展示されています。

06_207_2
08_209_2
玄関と展示室にある同型の機銃。

12_2
別の部屋の歴史室。誰もいない。寂しい。

ちょうどいい時間になったので、この後アフターイベントに参加しました。
いやホント、来る前はいろいろ不安でしたが終わってみれば大成功ではないでしょうか。
「地元商工会」と「自衛隊」のダブル協力が功を奏したと思います。
主催者さんの話によると、大湊というのは自衛隊と地元の仲が特に良いそうで。

10_3
そして、帰るころにはこのとおり猛吹雪。下北半島をちょっと南下したらすぐ止みましたけど。
さて、また600km以上の帰途につかねば…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砲雷撃戦!よーい!8 ~「おおよど」見学編~

01
資料館である北洋館からマイクロバスに乗って、停泊中の「おおよど」に乗り込みます。

03
隣では別の艦が入渠中w。

07
別の場所には「ちくま」や「ゆうだち」が。
これは「ゆうだち」です。

02
マストを見上げたところ。

05
62口径76ミリ速射砲のおケツ。

06
う~ん、全体が収まりきらない。

08
砲の先端。何かのディテールアップの参考になる?
しかしこの時は風がものすごくて、手ブレならぬ風ブレで写真がボケちゃってます。

04
次は艦橋に上がります。

1011
艦橋全景と舵輪。

13
艦橋から前甲板を望む。

12
なんと伝声管。現代でも使われているとは知りませんでした。

14
艦長席。
キカイダーw。

16
艦長席からの眺め。

09
後部へ移動します。
これは煙突ミサイル(違)。

1920
68式324mm短魚雷発射管。左右1基ずつ。

1718
74式アスロック発射機。

212223
そして20mmCIWS。
そういやハープーン撮るの忘れた…

急遽参加した見学会ですが、興味深い物がいろいろ見られました。
希望者が殺到したため、正味30分くらいの駆け足だったのがちょい残念でしたが。
最後にバスが帰るとき、みなさん帽振れで送ってくれたのも印象的でした。
そういや即売会のほうにも現役自衛官の方が大勢いたとか。
確かに髪を短く刈り込んだ人が多かったような気はしますが…

この後にはなんと「おおよど」上でコスプレさんたちの撮影会が行われたとか。まさか突然そんなことまで許可されるとは…太っ腹にも程というものがw。
ということは「赤城」や「島風」が「大淀(おおよど)」に乗っているという訳の分からないことにw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

砲雷撃戦!よーい!8 ~イベント本体編~

00
いよいよイベント当日。

01
わーい晴れたー!と思っていたら、イベント中は5分おきに晴と雪が入れ替わったり、タイミングによっては日が照っているのに雪が降ってたり。
とはいえ雪と言うよりは霰だったので、はたけば落とせるので苦にはなりませんでした。

02
会場へ行く途中、大湊駅にも寄ってみました。
この右に、最寄のホテル「フォルクローロ大湊」があります。

03
会場近く、水源地公園のダム。

05
まだこんなに雪が。

04
開場1時間前。既にむつ商工会議所青年部による物販が始まっていました。
右のほうに一般入場列が見えます。

06
舞鶴のカキに対して、こちらはホタテ!
なんでも漁師さんが朝4時に捕ってきてくれたものだとか。

07
とにかくデカくて分厚い!そしてプリプリ感がすごい。
こんなの食べたことありません。

08
開場後30分ぐらいの様子。
地元商工会の年配の方と青年、お手伝いのお子さん、そしてオタクちゃんたちが入り混じってカオス。

09
まだこんなに入場待機列が…
手前の年配のお三方は散歩中イベントに遭遇して戸惑っている様子w。

11
買ったのは「らぐほ」さんの新刊(新ペーパー?)と既刊1冊、「RRR」さんの金剛本×3(いずれも既刊)。
上のポスターは「らぐほ」さんの無料配布で、写っている高雄と愛宕が大破している絵です。

12
アフターのじゃんけんでゲットした「すたヂお しゅまり」さん提供の翔鶴色紙。
本買わないで色紙だけもらって申し訳ありません…

13
アフター後(という言い方も変ですが)大量に配られていた缶バッヂと強制配布していた(笑)煎餅。
煎餅割れてしもた。

14
こちらは物販で買ったブルーベリー大福。
とりあえず作ってみました感がありありですがw。

その他、アフターイベント中、主催者さんがいろいろ話した内容等によると
 ・入場者数はおよそ600人
 ・最も遠いところからの参加者は大阪から
 ・むつ市長が来ていて更にすし詰めの会場内にいた
  ・そして当然のように2回目を期待されている
 ・聞けた範囲の自衛隊の方は6割が「提督」
 ・帰りの大湊線が通常1両編成のところ2両編成にしてくれた
とのことでした。
あとはコスプレさんも何人か。見かけたのは赤城・翔鶴・愛宕・島風・時雨改、そして提督多数でした。

15
サークルを一巡したあと、さてどうしようか、と思っていたらこんなものが!
というわけで「おおよど見学編」に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

むつ市到着

なんとか本日中にむつ市に到着。

安代JC~一戸IC間がチェーン規制、というのを聞いて「こりゃダメか?」と思いましたが、確認したところ積もっているわけではない、ということで突入。結果、雨は降っていましたが普通に走れました。

それよりも紫波IC~盛岡IC間と、高速降りてからの県道24号で地吹雪にあい、かなりのノロノロ運転を強いられたのがたいへんでした。
Photo_2
車のフロントに雪が溜まってこんな状態に。

泊まるのは「ユニサイトむつ」です。
Photo
早く着けば市内を見て回ろうかと思っていたのですが、もう遅いので寝るのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

SCOOVO X9到着!

発売延期になっていた3Dプリンタ「SCOOVO X9」がようやくやってきました。
X9_01
箱がすさまじくでかい!そして重い!
プリンタ本体が18kgもあるので仕方ないのですが。
X9_02
「Cube」と比べるとえらい違いです。

X9_03
PLAフィラメント。
白い方が本体同梱、青が予約特典です。
本当は予約特典も白だったはずなのですが、なんか手違いとかで青になってしまいました。
どうせ原型しか作らないつもりで、色は関係ないのでまぁOK。

X9_04
発売延期のお詫びとして、別売りのセーフティパネルがもらえました。
しかしこれ、ただでさえ重い本体が更に重くなるので、あえて買わないでおいたのですが…
まぁ1万くらいするものをタダでくれるんなら折角ですから付けることにします。

X9_05
このブ厚さ。アクリルとはいえ相当な重さです。

X9_06
で、付けるとこうなります。前面パネルは開けたまま固定できます。

さて、使うには腰を据えてかからないといけないので、続きは大湊から帰ってきてからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »