« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月22日 (火)

X-Crawlee mods

エクスクローリーをちょいといじってみました。

Xcrawlee18s
まずはホイール。
タミヤのCR-01用ペンタグラムホイールです。
フロントにはこのように釣りのオモリを巻きつけました。

Xcrawlee19s
そこへ同じくタミヤのCR-01用タイヤを組み付け。
バイスクローラーはパターンがエクスクローリー純正と似ていたので、クリフクローラーをチョイス。
そして、エクスクローリーのハブに合うよう、慎重に穴を拡げていきます。(右のホイール)

Xcrawlee20s
最後にタムテックギアのバギーチャンプボディを無理やり乗せました。
ちょっとだけコンペマシン風味?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

3GR-2.4G & Sbeyアンプ

フタバの4PL、安いくせに機能豊富で性能も良く、4chもあるということで人気みたいですね。
私も気にはなっていたんですが、やっぱり趣味の世界、気に入った物を使うのが一番!ということで…
3gr1s
3GRを買ってきました。今や絶滅寸前のカー用スティックプロポ。
箱がビミョーにくたびれててそこはかとない売れ残り感が。

3gr2s
中スッカスカ!送信機+受信機だけのセットですから当然なんですが。

3gr4s
3chの証。これですよこれ。

3gr3s
説明書はFM時代の物で、2.4Gの分は追補として入っています。
こんなとこでもスティックの不遇を感じます…

Sbey1s
ついで?に買った怪しい激安アンプ。
"Sbey アンプ"とかで検索しても全然出てきません。
どうやらこれhttp://m98.cn/html/39/n-539.htmlのようなのですが。

Sbey2s
とりあえずR152JE受信機でテストしたところ、特に問題なく動作しました。
強いて問題点をあげるなら、スイッチが一体化しているので、シャーシの変なところにこれを載せると、ボディ付けたままではスイッチに指が届かなくなるなんてことがありえるくらいですか。
対応モーターは10ターン以上となっていましたが、BZ(23ターン)より低ターンは使わないので余裕。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

登れ!登れ!

Xcrawlee17s
天気も回復し暖かくなったので、エクスクローリーを持ち出して遊んできました。
と言っても近所に岩場なんて無いので、公園の水路の岸ですが。
積もった落ち葉のせいで滑ること滑ること。
うっかりすると水にボチャンなんてこともありえるのでなかなかスリリングなアタックとなりました。(笑)

やってて気が付いたのが、タイヤが汚れてだんだんグリップが落ちてくるということ。
1回目は突破できたのに2回目が滑って登れないなんてことがよくありました。

バッテリーが800mAhなのですぐ終わるか?と思いましたが、けっこうしぶとかったですね。体感的には1時間くらいやってたような気がします。
これでまたRCの新たなジャンルに魅了されてしまいました。CR01とかSCX10とか欲しくなってくるから困る…。
とりあえず今度はタイヤ換えてやってみたいですね。クリフクローラーかバイスクローラーか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

YOKOMO nanoQLO

Nanoqlo01
今度はヨコモのナノクロがやってきましたよっと。
全長10cm、まさにカードサイズのクローリングマシンです。
コントロールは赤外線式。

Nanoqlo02
内容物一式。9V電池は送信機用です。
それと比較して車の小ささが分かるでしょうか?

Nanoqlo05
さて、充電してる間ステッカーでも貼りますか、と思っていたらあっという間に充電終了。
どうやら最初から充電されていたようです。まさにReady to Run。

Nanoqlo03Nanoqlo04
上下から見たところ。
いや~華奢ですね。爪楊枝より細いリンケージとか、下手すりゃ髪の毛ぐらいの細さの配線とか。
残念なのはフロントタイヤよりサーボホーンが前に出ているため、垂直の段差だとタイヤより先にそっちが先に当たってしまうこと。

Nanoqlo06
布団に適当にシワを付ければ即クローリングステージに!
あーでもない、こーでもないと試行錯誤しながらクリアしていくのは面白いです。

Nanoqlo07Nanoqlo08Nanoqlo09Nanoqlo10
こんな所も余裕で突破。
惜しいのはパイプフレームまでシャーシと一体化していること。このためボディの換装は無理そうです。
ムリヤリやるなら、リンケージに関係ない部分を切り取ればできそうですが、さすがにそれはもったいない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

WF2011冬 終了

Wf2011s
WF2011冬は無事終わりました。
数名の方に「そういえばこんな漫画あった!」とか「なぜこれを?」という反応をしていただけました。
それだけで作った甲斐があったというものです。
さて次は…まだ白紙です。女の子フィギュアに戻るかネタ路線を続けるか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

彦&メカポリス完成!

「ツッパリ刑事彦」より“花見彦九郎”と“スーパーメカポリス”やっと完成しました。
これは昭和50年代中ごろにマガジンで連載していた漫画です。
ジャンルはというと、スラップスティック刑事物とでも言いましょうか。
大げさですが、私のギャグセンスの原点のようなものです。
当時は30年後にまさか自分で立体化するとは思いもよりませんでしたが。

08s05s
まずは主人公・彦こと花見彦九郎から。
常にサングラスをかけたままの謎の人物。
どんな事件が起きてもこいつのせいでシッチャカメッチャカ。
とはいえ、決めるときは決める男です。

05s_2
その主人公の座すら危うくした最大のライバル?、スーパーメカポリスです。単行本第4巻に登場。
配色はこんなもんでどうかな…何しろ資料がモノクロしかないので。

06s08s_2
自分で作っておいて何ですが、華奢な部分が多くてヒヤヒヤします。
タイヤは100均のチープトイから拝借。

10s
パーツ差し替えにより各形態へ簡易変形。
脚部はどこに収納されてるの?な飛行形態です。

09s
アピール状態。
メカポリスに音声機能はないので、会話するときはこうします。
劇中では口だけでなく、耳からも垂れ幕を出してました。

11s
そして決め技“自己嫌悪誘発光線”の発射体勢。
(こうして見ると再現度がイマイチ…本当はもっとジャキ!という感じで構えてるんですが)
この光線を浴びると、どんな凶悪犯でも自己嫌悪に陥ってしまうのです。

それではみなさん、ワンフェス会場でお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »