« 全日本模型ホビーショー | トップページ | 羽田空港 国際線ターミナル »

2010年10月20日 (水)

タミヤ FORD F-150

ねんがんの フォードF-150(未組立)を てにいれたぞ!
Photo
また旧車に手を出してしまいました。TA-02シャーシのSCトラックです。
wikiによると1995年発売…15年前ですか。
しかし海外ではまだ売っているという話が…タワーホビーとかの海外通販バンバン使いこなしてる人がうらやましいです。

Photo_2
真っ先にボディを作ります。理由はシャーシ組んだ時点でボディ作るのがめんどくさくなる性分なため。
なるべく「そのへん走ってそうな普通のトラック」っぽくしようと思い、色はコルサグレイ単色。
ステッカーも最小限にしました。ちなみに透明両面テープで裏貼りです。

荷台の銀色(タイヤのホイール部)と、周りの黒い部分は塗り分けが必要。
箱絵のとおりに作ろうとすると、更にメタリックブルーと白の塗り分けが必要になります。

Photo_3
結構パーツが多く感じます。CVAダンパーも同梱。

Photo_4
投入オプションはフルベアにボールデフ、アルミキングピン。
ベアリング…ホットショット用を2セット用意。予備も考えるとこれがお得。
ボールデフ…フロント用です。(リヤは最初からボールデフなので)
キングピン…どうもこの車は普通のTA-02と違うようで使えませんでした。(段付き部の長さが足りない)

Photo_5
そしてステアのターンバックル。本当はギヤボックスの色に合わせて赤がよかったんですが。

Photo_6
安サーボの定番、フタバS3003を用意。
他のメカは乗せ換えが容易(両面テープ)ですが、サーボはそうはいきませんから。

Photo_7
タイヤはCC-01と同じ。
ホイールは1/10ツーリング用と同サイズなので、右のようなこともできます。
(もっともこれでジャンプとかしたら壊れそうですが)

Photo_10
このただ針金を曲げただけのようなものが、フロントに動力を伝えるプロペラシャフトです。

Photo_8
フロントのダンパーは指定どおりに組んでもボディに当たるため、このようにストロークを抑えました。
リヤはボディの高さ調整で十分です。

Photo_9
クランプ式ハブ。一度使うと手放せなくなります。

Photo_11
完成!う~ん地味トラック。狙いどおり。
当時のミドルクラスだけあって、エントリーのTL-01やパンプキンとは作りの違いを感じます。
(例えばTL-01ではタッピングビスだけで留めているような所が、タッピングビス+ワッシャ留めになっている等)

しかしフロントのアップライトの動きが渋いぞ?
と思ったら内側のベアリングが奥まで入っていませんでした。
さてシェイクダウンはどこがいいかなっと。

|

« 全日本模型ホビーショー | トップページ | 羽田空港 国際線ターミナル »

ラジコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ FORD F-150:

« 全日本模型ホビーショー | トップページ | 羽田空港 国際線ターミナル »