« 新チャージャー導入 | トップページ | TL-01B←→TL-01 »

2010年8月28日 (土)

TL-01!

これ以上車体増やせないとか言った舌の根も乾かないうちに四駆も欲しくなってきました。
最初はめっちゃ安いのでDF-02プラズマエッジかな、と思ったんですが、どうもアルマイトの弁当箱みたいなスタイルが好きになれない…(オーナーの方ゴメンナサイ)
ステアリングサーボを後ろへ持っていったDF-03はカッコイイのですが、複雑さも上がっているようなのでちょっと尻込みしてしまいます。(ましてDB-01なんてもってのほか)
そこで手を出したのが

Tl01_01Tl01_02
TL-01(B)!
今で言えばTT-01に当たるお手軽マシン。
アンプ付きセットでもない限り、ヤフオクで安価で手に入れられます。
検索してみると、その構造の単純さや頑丈さが受けていたみたいですね。
確かに前後のギヤボックスを一体化し、それをそのままメインシャーシとする構造は空前絶後かも。
しかし旧車とはいえバギーチャンプほど古いわけでもなく、アバンテほど名車というわけでもない…
“ホリデーオートBG”がよく使っていた“NEO絶版”といったところでしょうか。

さて、バハキング+ついでに落としたTL-01シャーシを二個一します。
両方とも前のオーナーはあまり走らせていなかったようで、程度は上々。
あと、片方には運良くカーボンプロペラシャフトが入っていました。

Tl01_03Tl01_04
ノーマルのシャーシは192g、軽量シャーシは167gです。


Tl01_05Tl01_06
両方からベアリングをかき集めてフルベア化。
その前に分解洗浄します。もっとも、ほとんどゴミは入っていませんでしたが。
スクワットのベアリンググリスを塗って組みなおし。

Tl01_07
血縁のM-03が頑張ってくれているおかげで、まだパーツがそこそこ売られています。
カーボン中空ギヤシャフト、トーインリヤアップライト、クイックバッテリーホルダをゲット。
写真には写っていませんが、この後アルミキングピンも入れました。

Tl01_08
前後ボールデフ投入!その挙動やいかに!

Tl01_09
絶対やりたかったのがステアのターンバックル化。
60mmだとちょっと心もとないので63mmを使用。しかしそれだとチタン製しか見つからない…アルミでいいのに。
こんな所だけ高級パーツw。

Tl01_10
組み直して完成!
早速走らせに行ったのですが、リヤのボールデフが緩んで徐々に前輪駆動車化。
これが「アタリが出た」ということでしょうか?残念ながらシェイクダウンは不調に終わりました…。

|

« 新チャージャー導入 | トップページ | TL-01B←→TL-01 »

ラジコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TL-01!:

« 新チャージャー導入 | トップページ | TL-01B←→TL-01 »