« ETC装着 | トップページ | クリムゾンクローバー »

2009年4月 5日 (日)

追加メーター装着

Photo
ETCと同時に追加メーターも装着。Defi-Link ADVANCEの油圧計と油温計です。
SCSI機器のように、簡単にメーターを増設できるのですが、一方で知り合いによると「ショートしたら全メーターが逝く」そうで…
インマニプレッシャー(いわゆるバキューム)も注文したんですが、メーカー欠品のため後日ということに。
注文したのは大阪のメールオーダーハウスという店です。3日ぐらいで届きました。

Photo_2
既にオーディオやETCで配線が一杯なので、分岐コネクタを自作。
同じものがエーモンから出ているのですが、なぜか近所にはありませんでした。

Juran2 Photo_3
まずはオイルセンサアタッチメントから。JURANのコンパクトフィッティングキットです。
セラの場合Oリングサイズ60Φ、3/4-16UNFを使用します。

Photo_4 Photo_5
センサのネジにシールテープを巻き、アタッチメントに装着。

Photo_6
隙間から手や工具を突っ込んでなんとか付けました。写真には写っていませんが、センサは右斜めあたりにあります。
しかし、念のためコンパクトフィッティングキットを用意したのですが、結局普通のフィルタで全然余裕でした。

Juran
というわけで、コイツが余ってしまいました。まぁ次のオイル交換時に使うとしましょう。

Photo_7
ケーブルは前から回りこませてます。どうも嫌な位置にコネクタが来るんですよねぇ…

Photo_8
室内へはスピードメーターケーブルが通っている穴から引き込んでます。
この後これでもかっ!とビニテで防水。

Photo_9
分かりづらいうえにピンボケですが、引き込んだところをハンドルの下から撮った写真。
右のユニバーサルジョイントはステアリングです。
中央左の光が差し込んでいるあたりからケーブルが入ってきています。

Photo_10
コントロールユニットの説明書によると、イグニッションから取れ!ACCから取っちゃダメ!絶対!だそうで。個人的にヒューズ電源は使いたくないので、キーシリンダから取ろうとしたんですが、電線が硬くて融通利かないので断念。結局ヒューズから取ることにしました。
写真の左の列、上から2番目の「メータ」がIGNです。
ちなみに、ヒューズの手前が電源側です。

Photo_11
作業中の状態。もうシッチャカメッチャカ。後片付けが大変!

Photo_12 Photo_13 Photo_14
ヒーコラ言いながら取り付け完了。
取り付け自体はほぼ100%カプラーオンと言っていいのですが、固着したりなんだりで外すものが外せなかったり、そんな作業にばかり時間をとられてしまいました。
リモコンはまず使う機会ないでしょうが、一応手元近くに。

この後ちょっと走り、動作確認したのですが、油温がすぐに100℃近くになってしまうのがちょっと気になります。以前大森のメーターを付けていたときはだいたい90℃くらいだったんですが…
オイルパンから取っていたのとフィルタから取っていることによる違いでしょうか?

|

« ETC装着 | トップページ | クリムゾンクローバー »

SERA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追加メーター装着:

« ETC装着 | トップページ | クリムゾンクローバー »