« スカルピーに挑む その2 | トップページ | 夕凪のホライゾン »

2009年3月 8日 (日)

スカルピーに挑む その3

Iii
スカルピー実験の続き。ついでにスカルピーIIIも試してみます。

4
左が一度焼いたスカルピーに離型剤(リップクリーム)を塗って新たにスカルピーを押し付けたもの、真ん中がスカルピーにスカルピーIIIを少量混ぜて色を付けたもの、右はスカルピーIIIそのままです。

5
左から順に結果を。

・離型剤はまったく役に立ちませんでした。ほぼ一体化しちゃってます。リップクリームといっても油みたいなものなので、吸収されるか焼く段階でかえって接着剤のようになってしまったのでしょう。

・前回試したスカルピー+エポパテは、分離できたものの相当な力が必要でした。

・スカルピーIIIの削り心地は、普通のスカルピーよりきめが細かくやや柔らかいといった感じです。こちらのほうが好みですが、ボソボソしてて練るのに苦労するのと、単価が高いのが問題。

・混合スカルピーは、普通のスカルピーとまったく変わりませんでした。色が付く最低限しか混ぜていないのでまぁ当たり前でしょう。

結局、分割パーツを作りたかったら従来どおりエポパテで作る必要がありそうです。また、色を付けるだけだったらグレイスカルピーを使ったほうがよさそうです。(単価的に)

|

« スカルピーに挑む その2 | トップページ | 夕凪のホライゾン »

ガレージキット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカルピーに挑む その3:

« スカルピーに挑む その2 | トップページ | 夕凪のホライゾン »